ゴルフをもっと「楽しく」「面白く」!

GM厳選!楽天GORAで全国ゴルフ場予約(東日本地区)

GM編集部は、楽天GORAによるゴルフ場予約サービスを展開中です!

 

ゴルフ場予約東日本

 

 

 

 

 

 

12月ご紹介ゴルフ場

関東ブロック
芝山ゴルフ倶楽部

 (千葉県山武郡芝山町大台2176 東関東自動車道・富里 15km以内 )

高低さ18mのなだらかな丘陸コース。
大小5つの美しい池が戦略的に配置されており、18ホールそれぞれに違った特徴があります。
また、池と芝、周りの木々との相性がバッチリの美しいコースは景観も楽しめます。
必ずプレーヤーの記憶に残り、再度挑戦意欲をかきたてられることでしょう。

 

11月ご紹介ゴルフ場

関東ブロック
日光プレミアゴルフ倶楽部(旧:日光ゴルフパーク ハレル)
 (栃木県日光市七里1333 日光宇都宮道路・日光 5km以内 )

「日光IC」や「東武日光駅」から至近とアクセスも良好。
せっかくの紅葉の季節なので日光東照宮まで足をのばして紅葉を楽しんではいかがでしょうか?
新設されたレストハウスも好評です。

 

 

10月ご紹介ゴルフ場

中部ブロック

セントクリークゴルフクラブ
 (愛知県豊田市月原町黒木1-1 猿投グリーンロード・枝下 15km以内 )

ゴルフの帝王ジャックニクラウス設計
自然の素材を巧みに活用して、高い戦略性を生み出したコース設計は、ゴルフというスポーツの奥深さを再確認させてくれることでしょう。
ポテトチップスグリーンに苦戦するか、楽しめるかは、あなた次第!!
クラブハウスなど全てに高級感があり、接待コースとしてもお勧めです。

 

9月ご紹介ゴルフ場

関東ブロック

北武蔵カントリークラブ

(埼玉県本庄市児玉町塩谷1000 関越自動車道・本庄児玉 10km以内)

1979年開業のゴルフコース。このくらいの時期に開業したゴルフ場は、時代にマッチしたゴルフ場へのシフトチェンジが難しい。狭くて短いという印象を持たれるとマイナス要因となるからだ。このゴルフ場は、そのマイナス要因と上手く向き合っている。ゴルファーの目先を変え、飽きさせない工夫がこのコースの魅力である。

8月ご紹介ゴルフ場

 

関東ブロック

東名厚木カントリー倶楽部

(神奈川県愛甲郡愛川町三増2607 東名高速道路・厚木 20km以内)

オーソドックスなIN、OUTコースとトリッキーなウエストコースの27ホールのゴルフ場だ。多彩なサービスがこのゴルフ場の魅力。早朝にスループレーで回る「アーリーバード」プランは朝食も付き人気のプラン。アクセントの効いたゴルフをしたいのならば、ウエストコースを回るプランをチョイスしたい。都心からの好アクセスゴルフ場の割にはお値段は控えめなのもうれしい。

 

江戸崎カントリー倶楽部

(茨城県稲敷市江戸崎町羽賀2048 首都圏中央連絡自動車道・稲敷 5km以内)

首都圏中央道が開通してから霞ヶ浦の南側は、都心からのアクセスがよくなった。ここは、その恩恵を多く受けたゴルフ場のひとつだろう。東、南の2コースがある。共に開放感があるレイアウトで、爽快感のあるゴルフを楽しめる。人気は東コースに集まるが、個性的な南コースも味わいがある。

 

7月ご紹介ゴルフ場

関東ブロック

篭坂ゴルフクラブ

(静岡県駿東郡小山町須走121 東名高速道路・御殿場 15km以内 )

静岡県東部は、首都圏ゴルファーにとって日帰り地域。そこで、高原ゴルフ場ならではの涼しいゴルフを楽しめる。戦略性はほどほどなのは、この時期のゴルフにはうれしい。また、フラットなコースレイアウトも疲労軽減も図れるメリットがある。御殿場駅からも近く、車でも電車&タクシーでも便利な立地だ。

 

6月ご紹介ゴルフ場

関東ブロック

かさまフォレストゴルフクラブ(旧タイホーCC)

(茨城県笠間市福原301 常磐自動車道・土浦北 30km以内)

楽しくラウンドしつつ、実戦力が身につくゴルフ場である。広くレイアウトされたフェアウエイは、視覚的なプレッシャーはほどほど。気軽にドライバーを打ちたいゴルファーの満足度は高いだろう。しかし、微妙についているアンジュレーションによって、次のショットの難易度が変わる。状況においてどのような選択をすべきかを18ホールずっと迫られてくる。グリーンも難しめ。楽しくやりたいが、それだけでは物足りないゴルファーにとってベストチョイスとなるだろう。

 

芝山ゴルフ倶楽部

(千葉県山武郡芝山町大台2176 東関東自動車道・富里 15km以内)

多数存在する並行するウォーターハザード。狭くなるフェアウエイ。美しい景観は、程なく、決して少なくないプレッシャーへと変容する。2番、3番に代表されるこのゴルフ場の醍醐味はこの「プレッシャー」である。ぐっとグリップに力が入ってしまうプレッシャーは、剣の世界に似た、「間合い」や「凛とした雰囲気」を醸し出す。日常生活では、味わうことが出来にくくなったこの緊張感は、短いコースと合わせてミュアヘッドが提供した「侍の国」のゴルフ場のデザインである。

 

 

5月ご紹介ゴルフ場

関東ブロック

北武蔵カントリークラブ

(埼玉県本庄市児玉町塩谷1000 関越自動車道・本庄児玉 10km以内)

1979年開業のゴルフコース。このくらいの時期に開業したゴルフ場は、時代にマッチしたゴルフ場へのシフトチェンジが難しい。狭くて短いという印象を持たれるとマイナス要因となるからだ。このゴルフ場は、そのマイナス要因と上手く向き合っている。ゴルファーの目先を変え、飽きさせない工夫がこのコースの魅力である。

 

 

四街道ゴルフ倶楽部

(葉県四街道市小名木268 東関東自動車道・四街道 5km以内)

都心からの好アクセス、手ごろな料金が魅力のゴルフ場だ。メンテナンスに多少のイマイチ感はあるが、総合評価は高く設定していいだろう。手狭に感じるレイアウトもここは、歩きプレーのゴルフ場なので好都合と見ておくのが正しい見方だろう。適度の戦略性も担保されており、足腰のトレーニングとして利用すればここでラウンドする新しい価値が出てくるゴルフ場だ。

 

 

4月ご紹介ゴルフ場

関東ブロック

新千葉カントリー倶楽部

(千葉県東金市家之子2177 千葉東金道路・東金 10km以内)

あさぎり、つくも、たちばなの全54ホールを抱える。23区内からでも1時間半程度で行ける好立地。上田治氏の設計。同氏らしさを感じさせるのは「あさぎり」コース。フラットな1番、2番から始まり、アップダウンの激しいホールへ。静から動への移り行くコースレイアウトは、ドッグレッグに砲台グリーンを組み合わせた難ホール18番でフィナーレ。ここち良い疲労感と満足感を味わうことができる。カード使用不可や古い設備もある意味、このゴルフ場の味だ。

 

筑波国際カントリークラブ

(茨城県つくば市大字平沢1257 常磐自動車道・土浦北 15km以内)

都心から一時間程度の立地+手ごろな価格帯+開放感に浸れる景観から成る方程式はグッドバランスのゴルフ場という解を導き出す。適度に収まった難易度は、ゴルフのベーススキルを磨くには絶好である。高麗グリーンを採用しているので、パターの技量を上げたいゴルファーはリピートしてみる価値は十分。山岳コースゆえのアップダウンが厳しいが、足が鍛えられると前を向こう。

 

3月ご紹介ゴルフ場

 

東北ブロック

おおさとゴルフ倶楽部

(宮城県黒川郡大郷町東成田字北沢山18 東北自動車道・大和 15km以内)

ゴルフの上達過程にあるときに、気を使うことのひとつに上級者への気兼ねがある。「初心者が多く集うゴルフ場があれば、気軽にプレーできるのに・・・」と考えているゴルファーにおすすめである。何より安くプレーできるのが魅力だ。安さの理由は、セルフプレー、風呂なし(シャワーは完備)など簡素化に努めているためだ。まずは経験値を上げるには、ラウンド数を増やしたい。そんな量にこだわるゴルファーにはぴったりである

 

関東ブロック

石岡ゴルフ倶楽部

(茨城県小美玉市世楽1050-1 常磐自動車道・千代田石岡 15km以内)

名門でありながら、他の関東の名門では考えられない価格とサービス内容は、間違いなくトップクラス。関東ゴルファーなら知らない人はいない位に有名になったタイトリストProV1が無料で打てる練習場だけでなく、ニクラウス設計コースなど、おすすめポイントが多数。ほとんどフラットな林間コースだが、巧みな配置のバンカー、難しいグリーンはスコアをまとめさせてくれないだろう。

2月ご紹介ゴルフ場

 

関東ブロック

芝山ゴルフ倶楽部

(千葉県山武郡芝山町大台2176 東関東自動車道・富里 15km以内)

多数存在する並行するウォーターハザード。狭くなるフェアウエイ。美しい景観は、程なく、決して少なくないプレッシャーへと変容する。2番、3番に代表されるこのゴルフ場の醍醐味はこの「プレッシャー」である。ぐっとグリップに力が入ってしまうプレッシャーは、剣の世界に似た、「間合い」や「凛とした雰囲気」を醸し出す。日常生活では、味わうことが出来にくくなったこの緊張感は、短いコースと合わせてミュアヘッドが提供した「侍の国」のゴルフ場のデザインである。

 

鎌倉パブリックゴルフ場

(神奈川県鎌倉市今泉5-1003 横浜横須賀道路・日野 10km以内)

用具の進化は、ゴルフ場の器も変えてしまった。改修が進み、長い距離をセールスポイントにするゴルフ場も珍しくない。そんな中、距離の短いこのゴルフ場は、存在感を増している。500Yを越えるホールがないため、FWやアイアンの精度を磨くには絶好のゴルフ場だ。楽しむよりも研鑽を積む場として考えると都心に近いメリットと合わせて相乗効果を生むことだろう。

 

 

1月ご紹介ゴルフ場

 

武蔵丘ゴルフコース

(埼玉県飯能市中山665 首都圏中央連絡自動車道・狭山日高 10km以内)

西武グループのため、電車で行ける名門ゴルフ場。普段は敷居が高いと感じても「ちょっとお邪魔する」的な利用が可能なのは、冬場のこの時期ならでは。広いフェアウエイは、開放感に溢れ、林間コース独特の落ち着いた佇まいと同居する。しっかりしたコースメンテナンスと教育の行き届いたキャディは、名門の証でもある。(再掲載)

 

 

2014年

12月ご紹介ゴルフ場 

 

関東ブロック

筑波国際カントリークラブ

(茨城県つくば市大字平沢1257 常磐自動車道・土浦北 15km以内)

都心から一時間程度の立地+手ごろな価格帯+開放感に浸れる景観から成る方程式はグッドバランスのゴルフ場という解を導き出す。適度に収まった難易度は、ゴルフのベーススキルを磨くには絶好である。高麗グリーンを採用しているので、パターの技量を上げたいゴルファーはリピートしてみる価値は十分。山岳コースゆえのアップダウンが厳しいが、足が鍛えられると前を向こう。(再掲載)

 

関東ブロック

川越カントリークラブ

(埼玉県東松山市大字大谷4189 関越自動車道・東松山 15km以内)

名称は川越だが、立地は東松山市。設計は中村寅吉氏で、クラブハウス内には同氏のメモリアルギャラリーがある。開場は1963年で伝統に裏付けられたしっかりしたコースメンテナンスが特長だ。ベントと高麗の2グリーンで、東、西、中の3コースがある。それなりの価格帯のゴルフ場のため大人の雰囲気が漂う。都心に近い魅力と合わせてシニアゴルファーにおススメだ。(再掲載)

 

11月ご紹介ゴルフ場

 

関東ブロック

小見川東急ゴルフクラブ

(千葉県香取市一の分目496-1 東関東自動車道・佐原香取 10km以内 )

 東急ブランドのゴルフ場。看板に違わぬ重厚さを随所に感じさせる。コース整備からスタッフのサービスに至るまで、ハード、ソフトに関係なく高い水準を保っている。コースは、景観を楽しみながらも、戦略性を必要とするホールとリラックスしてトライできるコースとうまくミックスされている。都心から遠いが、コスパはいいゴルフ場だ。

 

10月ご紹介ゴルフ場

 

 

東北ブロック

利府ゴルフ倶楽部

(宮城県宮城郡利府町森郷字内の目北3-25 東北自動車道・大和 15km以内)

9月下旬のミヤギテレビ杯ダンロップ女子オープン開催のコース。初夏から徐々にラフを伸ばしはじめ、コース難易度が徐々に上がっていく。4番と15番のショートは、池越えの名物ホール。プレッシャーに耐えながらロングアイアンの距離をきちんとあわせる技術力が試される。17番、18番はバーディチャンスもある楽しく難しいコース。(再掲載)

 

関東ブロック第一

湯河原カンツリー倶楽部

(神奈川県足柄下郡湯河原町吉浜2020 小田原厚木道路・小田原西 5km以内)

相模湾を見下ろす絶好のロケーション。それは山岳コースゆえ。他のゴルフ場ではなかなか体験できないアップダウン。もしあなたが体力に自信があるならば、歩きゴルフにチャレンジするのもいい。大変なラウンドになったとしてもそれもゴルフ。きっとあなたのゴルフ史に歴史を刻むラウンドになるだろう。砲台グリーンの難しさを実感する5番と相模湾を見ながら打ち下ろす14番が面白い。(再掲載)

 

関東ブロック第二

新千葉カントリー倶楽部

(千葉県東金市家之子2177 千葉東金道路・東金 10km以内)

あさぎり、つくも、たちばなの全54ホールを抱える。23区内からでも1時間半程度で行ける好立地。上田治氏の設計。同氏らしさを感じさせるのは「あさぎり」コース。フラットな1番、2番から始まり、アップダウンの激しいホールへ。静から動への移り行くコースレイアウトは、ドッグレッグに砲台グリーンを組み合わせた難ホール18番でフィナーレ。ここち良い疲労感と満足感を味わうことができる。カード使用不可や古い設備もある意味、このゴルフ場の味だ。(再掲載)

 

 

9月ご紹介ゴルフ場

 

樽前カントリークラブ

(北海道苫小牧市錦岡491 道央自動車道・苫小牧西 5km以内)

北海道を代表する湖、支笏湖。その南にそびえる樽前山の麓にあるゴルフ場で上田治氏の設計である。北、南、中の3コース。どのコースもほぼフラットで北海道のゴルフ場らしく広々と確保されているフェアウェイがゴルフの爽快さを堪能できる。コースの独自性があまりみられないので、初めてでもそこそこのスコアで回れるだろう。接待ゴルフ旅行でも十分楽しめるはずだ。ただ、グリーン周りのバンカーは厄介な印象。アプローチの技術力が問われる。(再掲載)

 

敷島カントリー倶楽部

(山梨県甲斐市神戸440 中央自動車道・韮崎 15km以内)

甲府市にある湯村温泉は、松本清張の代表作「ゼロの焦点」の舞台にもなった。このゴルフ場は、主人公たちも訪れた昇仙峡や富士山、南アルプスを一望できる眺望が魅力。名門富士桜カントリー倶楽部の姉妹コースでもある。山岳コースだけに曲げてしまうと厳しいが全体的にはまっすぐなコースレイアウトで難しさはない。芝の手入れもよく、気持ちよくラウンドできるコースだ。(再掲載)

 

 

8月ご紹介ゴルフ場 

関東ブロック

水上高原ゴルフコース

(群馬県利根郡みなかみ町藤原6152-1 関越自動車道・水上 25km以内)

高原ゴルフを手ごろな価格で楽しむには最適のゴルフ場。食事に難ありの印象だが、価格に応じたサービスと割り切れれば楽しくゴルフができる。こぶしコースは、ドッグレッグ多用で戦略性もまずまず。狭いフェアウエイとOBゾーンの多さでスコアメイクは簡単ではない(グリーンオーバーは要注意)。アイアンの技術力が問われるコースといえる。(再掲)

 

東北ブロック

津軽高原ゴルフ場

(青森県平川市小国深沢18-42 東北自動車道・大鰐弘前 15km以内) 十和田湖から1時間半あまり。津軽平野の南端に位置する高原ゴルフ場。設計者はアーノルド・パーマーで、フェアウエイの芝の管理がよいこともあり景観の美しさを堪能できる。林でセパレートされてたレイアウトはボールコントロールの技術が問われる。一方でタイプの異なる3つの池越えホールが楽しいゴルフを演出する。無料の朝食サービスもうれしい配慮だ。(再掲)

 

7月ご紹介ゴルフ場 

関東ブロック

那須国際カントリークラブ

(栃木県那須郡那須町高久丙1792 東北自動車道・那須 15km以内)

全国展開する東急ゴルフリゾートの中でも、最高級クラスのゴルフ場。ここの名物は、訪れたゴルファーを唸らせる高速グリーン。真夏の太陽で水分を失ったグリーンは、さらにパットの難易度を上げることだろう。ここではキャディさんに敬意を払い、真摯な態度でパットに臨みたい。どのホールもグリーンまでは見通しのよい設計。那須高原の清涼な空気の下、快適なゴルフを味わえるだろう。

 

 

北信越ブロック

菅平グリーンゴルフ

(長野県須坂市峰の原町3153 上信越自動車道・上田菅平 25km以内)

標高2000m超の高地に位置する菅平高原。夏のこの時期は冷涼な気候を求めて全国の大学ラグビーの強豪校が終結し、夏合宿を張っている。そんな好立地のゴルフ場だから夏のゴルフには最適。高原ゴルフ場だから出来る広々としたレイアウトで爽快なゴルフを楽しめる。14番ロングは、580Yのまっすぐなコースセッティング。高い標高ゆえに飛ぶボールとあわせ飛ばし屋には堪えられないホールだ。

 

6月ご紹介ゴルフ場 関東ブロック

 

 

廣済堂トムソンカントリー倶楽部

(北海道北広島市三島462 道央自動車道・北広島 10km以内)

全英オープンを5回制し、日本ツアーでも7勝をあげた往年の名プレーヤー、ピーター・トムソン氏の設計のゴルフ場だ。豊富なコース設計の経験を持つ同氏のスキルと北海道の雄大な大自然との融合が魅力のコース。フラットなレイアウトから始動し、アップダウンを駆使した戦略性のあるインで締める展開は、ゴルフの楽しさを満喫できる構成だ。便利な立地にありながら、低価格な料金のうれしいミスマッチがうれしい。

 

5月ご紹介ゴルフ場 関東ブロック

泉カントリー倶楽部

(千葉県印西市吉田東関東自動車道・千葉北 15km以内)

都心に近く便利なゴルフ場だ。そのようなゴルフ場にありがちな「それだけが魅力」というゴルフ場ではない。利便性に甘んじず、徹底したコース管理に定評のあるゴルフ場である。開放感あるレイアウトは、都心に近いロケーションを忘れさせてくれる。SOUTH、EAST、WESTの3コースの組み合わせで回れるのがうれしい。

 

 

 

4月ご紹介ゴルフ場 関東ブロック

 

岩瀬桜川カントリークラブ

(茨城県桜川市門毛2150 北関東自動車道・笠間西 10km以内)

豊かな自然の中でゴルフができる喜びを実感できるコースである。戦略的な面白さを担保する一方で、広めのグリーンがゴルフの楽しさ支えてくれる。周囲の美しい景観に溶け込むようなコースレイアウト。都心から距離のあるゴルフ場だからこれを手に入れられると思えるならば、コスパも良いので、満足度が高いだろう。

 

3月ご紹介ゴルフ場 関東ブロック

 

寄居カントリークラブ

丘陵ゴルフ場。ふもとを東武東上線の電車が走るようなロケーションとは思えない、ゴルフに集中できるプレー環境が魅力のコース。高台にあり、戦略的な高低差が魅力だ。名設計家の安田幸吉氏のゴルフ場と聞けば納得である。最寄り駅から車で10分程度なので、電車でも行くことも可能だ。

 

2月ご紹介ゴルフ場 関東ブロック

 

岡部チサンカントリークラブ

(埼玉県深谷市山崎600 関越自動車道・花園 15km以内)

ある程度の実力がついたと自信が持てるようになったら、チャレンジしたいゴルフ場だ。高低差ゆえに砲台中心の岡部、ボール配置の工夫が求められる美里の2コース共に攻略は手ごわい。加えて、両コースとも高速グリーンがゴルファーを悩ませる。基本的なスキルの重要性を叩き込まれるだけでなく、集中力も鍛えられる。ゴルファーに上達を要求するゴルフ場だ。

 

 

1月ご紹介ゴルフ場 ;関東ブロック

 

丸の内倶楽部

(千葉県長生郡長柄町力丸354 首都圏中央連絡自動車道・茂原長南 10km以内)

フラットで広めのフェアウエイが安心感を与えるゴルフ場だ。見た目ほどは易しくないのは、いい意味での意外性とゴルファーには写るだろう。充実しているアメニティグッズなど目立たないが細やかな配慮が魅力でもある。その結果、女性ゴルファーのリピーターを増やしている。冬のこの時期に気軽にプレーできる雰囲気も悪くない。

 

 

2013年

12月ご紹介ゴルフ場

 

関東ブロック

リバーサイドフェニックスゴルフクラブ

(埼玉県上尾市平方2606-1 関越自動車道・川越 15km以内)

昼間の時間が短い冬。西日本に比べ、関東地方の昼はさらに短くなる。忙しい12月の時間の有効活用という意味でもアクセスのこのよいゴルフ場はリストに加えておきたい。2013年11月にクラブハウスがリニューアル。河川敷ゴルフ場にも関わらず適度の距離と広めのフェアウエイをキープ。ほどよいアップダウンもあり、河川敷ゴルフ場のイメージではない。人気の高いゴルフ場だけに冬のこの時期の賢い利用をおすすめしたい。

 

取手桜が丘ゴルフクラブ(旧 藤代GC)

(茨城県取手市渋沼1393 常磐自動車道・谷和原 20km以内)

都心からの好アクセスのゴルフ場だ。ただ、若干の財布の負担の大きいゴルフ場でもある。首都圏ゴルファーにとって、距離と料金は反比例の関係。近いメリットをお金に換算するとそこまでコスパは悪くない。広く打ちやすいイメージのフェアウエイ、小さめのコース設定は冬場のゴルフ向きでもある。高低差の少ないことも、運動不足になりがちな足腰にも優しい。

 

 

11月ご紹介ゴルフ場

東北ブロック

グランディ那須白河ゴルフクラブ

(福島県西白河郡西郷村大字熊倉字雀子山3 東北道・白河 5km以内 )

年末に向けて、何かゴルフの打ち上げ的なイベントをお考えの方には、宿泊ゴルフをおすすめしたい。気の置けない仲間とのゴルフ談義は来年への英気を養う素地となるであろう。このゴルフ場は、低料金の宿泊プランが魅力だ。コースはかつて女子プロのトーナメント開催のコース。コースのクオリティについては、申し分ない。

 

関東ブロック第一

越生ゴルフクラブ

(埼玉県比企郡ときがわ町番匠61)

比較的都心に近く好立地のゴルフ場。広めのフェアウエイは、攻めのゴルフを可能にさせる。ポジティブな意識を保てるメリットがある。あまり、ビジターゴルファーを受けて入れてくれない難点はあるが、コースメンテナンス、周辺環境ともマッチング、接客のよさなど利用者の評価は高い。関東在住の方はぜひラウンドしておきたいゴルフ場だ。

 

 

10月号ご紹介ゴルフ場

 

北海道ブロック

廣済堂トムソンカントリー倶楽部

(北海道北広島市三島462 道央自動車道・北広島 10km以内)

全英オープンを5回制し、日本ツアーでも7勝をあげた往年の名プレーヤー、ピーター・トムソン氏の設計のゴルフ場だ。豊富なコース設計の経験を持つ同氏のスキルと北海道の雄大な大自然との融合が魅力のコース。フラットなレイアウトから始動し、アップダウンを駆使した戦略性のあるインで締める展開は、ゴルフの楽しさを満喫できる構成だ。便利な立地にありながら、低価格な料金のうれしいミスマッチがうれしい。

 

関東ブロック

キャメルゴルフリゾート

(千葉県夷隅郡御宿町上布施3360 首都圏中央連絡自動車道・市原鶴舞 25km以内)

キャメル(=らくだ)の名前に違わぬリンクスのようなこぶ状のフェアウエイ。ハザード感まではないものの、これまでとは違った戦略をもたせてくれるゴルフ場だ。ここでのラウンドは泊まりが前提だ。立地(勝浦近くの外房)条件もあるが、それよりも安くまとまってラウンドできるメリットが大きい。ゴルフ感をもどしたいゴルファーに合宿感覚での利用をおすすめしたい。

 

北信越ブロック

小杉カントリークラブ

(富山県射水市浄土寺1 北陸自動車道・小杉 5km以内)

北、東、南の3コースを擁するゴルフ場、ダイナミックなコースレイアウトは豪快さと緻密さを兼ね備える。地方都市のゴルフ場らしくコストパフォーマンスにも優れる。近隣のゴルファーからの支持も高い。3コースに際立った違いはないが、複数の組み合わせで回ると飽きの来ない工夫が設計に施されている。秋のこの時期に訪れるのがもっとも楽しめるだろう。

 

9月ご紹介ゴルフ場

 

北海道ブロック

札幌北広島ゴルフ倶楽部

(北海道北広島市中の沢450-1 道央自動車道・北広島 10km以内)

オーソドックスなホールからトリッキーなホールまで幅広いバリエーションに富むゴルフ場だ。西、南、東の3コースを揃える。北海道らしさを楽しめるのは西コースだろう。広いフェアウエイや3番の浮島グリーンなど変化に富む。一方、道内ゴルファーは、南コースでオーソドックスなゴルフを楽しみたい。

 

関東ブロック第一

セントラルゴルフクラブ

(茨城県行方市麻生2196 東関東自動車道・潮来 15km以内)

関東地区指折りの距離の長いコース。東、西の2コースを揃える。西コースの圧巻はなんといっても距離。2番580Y、4番568Y、18番568Y(いずれもレギュラーティ)の超ロングホールを擁する。一方、東コースは、距離と難易度の合わさった難コース。1974年、1976年の日本オープン開催コースでもある。距離の長いコースで思いきりドライバーを振ってみたい!そんなゴルファーの願いを叶えてくれるゴルフ場だ。

 

関東ブロック第二

梅ノ郷ゴルフ倶楽部

(群馬県安中市中秋間198-4 上信越自動車道・松井田妙義 10km以内)

波立つ大地のようにうねるフェアウエイ。設計者の加藤俊輔氏のグランドデザインは、フラットが排されている。ゴルファーはタフでなければならないことを証明するようなゴルフ場だ。きめ細かなコースメンテナンスはこのゴルフ場のもう一つの顔。そんな中、突如現す9番のウォーターハザード。遊び心もくすぐる配慮もうれしい。

 

8月ご紹介ゴルフ場

 

北海道ブロック

グレート札幌カントリー倶楽部

(北海道千歳市泉郷845-1 道東自動車道・千歳東 5km以内)

北海道仕様の大きい器のゴルフ場とは違った趣のゴルフ場である。戦略性を十分担保しつつ、広いフェアウエイに比して短めの距離。格安の料金とカート乗り入れ可(天候によっては不可)のサービス力。このゴルファー目線にたつと長所満載の為、道内ゴルファーの高いリピート率が高いことも納得である。新千歳空港からも近く、道外ゴルファーにもおススメである。

 

東北ブロック

安比高原ゴルフクラブ

(岩手県八幡平市安比高原180-1 東北自動車道・松尾八幡平 15km以内)

天然の冷房とも言うべき冷涼な立地で、夏には最適のゴルフ場である。八幡平コース・十和田コース・岩手山コース・竜ヶ森コースの4コース、36Hが揃う。価格もリーズナブルで、宿泊プランも充実しており近隣・遠方からのゴルフ旅行での利用もしやすい環境にある。かつて安比高原レディースが開催されたコースでもあり、戦略性も十分だ。

 

関東ブロック

塩原カントリークラブ

(栃木県那須塩原市折戸148番地 東北自動車道・西那須野塩原 10km以内)

この時期、都心から北に少し遠いゴルフ場には2つのメリットがある。ひとつがゴルファーの数が少ないため良好な条件でラウンドできること、もうひとつは冷涼な環境である。さらにこのゴルフ場でのラウンドには、スパイスの効いたコースセッティングとお値打ち感のある料金がついてくる。ここまで条件が揃うと都心からの遠いデメリットを超えるメリットがある。北コース・中コース・南コースの3コース。満喫したい方は、やはり泊まりがベストだ。

 

北信越ブロック

佐久リゾートゴルフ倶楽部

(長野県南佐久郡佐久穂町上884-3 上信越自動車道・佐久 25km以内)

リゾート地にありながら、低価格を実現しているゴルフ場である。だからといって休暇気分を損なうことのない、コース整備や接客力を確保している。尾崎将司プロ監修のコースは、高低差を活かしたダイナミックなレイアウト。上がり3ホールは小細工なしにガンガン飛ばして攻めるゴルフを堪能できる。

 

 

7月ご紹介ゴルフ場

 

北海道ブロック

シャトレーゼカントリークラブ札幌

(北海道夕張郡栗山町字森 道央自動車道・岩見沢 20km以内)

 

札幌市郊外の栗山町に広がる空知平原に立地。ここは、ゴルフ場を核とした滞在型リゾート施設となっている。コースメンテナンスに定評があり、バリエーションに富んだ北、東、西の3コースを揃える。コテージ利用だと滞在費が安く済み、気の置けない仲間とのゴルフ旅行にも適する。道内外在住を問わず、利用価値のあるゴルフ場だ。

 

関東ブロック第一

東名厚木カントリー倶楽部

(神奈川県愛甲郡愛川町三増2607 東名高速道路・厚木 20km以内)

オーソドックスなIN、OUTコースとトリッキーなウエストコースの27ホールのゴルフ場だ。多彩なサービスがこのゴルフ場の魅力。早朝にスループレーで回る「アーリーバード」プランは朝食も付き人気のプラン。アクセントの効いたゴルフをしたいのならば、ウエストコースを回るプランをチョイスしたい。都心からの好アクセスゴルフ場の割にはお値段は控えめなのもうれしい。

 

関東ブロック第二

岩舟ゴルフ倶楽部

このゴルフ場のある岩舟町は北関東自動車道、東北自動車道の接続点で、北関東エリアの各都市からの利便性が高い。狭いフェアウエイが特長で、ボールコントロールの技術が問われる。サービス力やコストパフォーマンスに定評があり、ここを訪れて不愉快な思いをして帰るということになることはないだろう。夏のこの時期には、地味ながら手間のかかるカキ氷や麦茶などを提供。このようなところにこのゴルフ場のらしかが垣間見える。  

 

 

6月ご紹介ゴルフ場

 

北海道ブロック

フォレスト旭川カントリークラブ

(北海道旭川市神居町上雨紛430 道央自動車道・旭川鷹栖 20km以内)

「まっすぐ」にこだわったゴルフ場だ。ここまで直線的なコースレイアウトを採用しているゴルフ場は本当に珍しい。道内、道外在住に関わらずぜひチャレンジしたいゴルフ場だ。北海道の他のコースよりは狭めだが、Par5は十分な距離があり、「飛ばしてこそゴルフ」と考えるプレーヤーには絶好だ。レストランの食事がおいしいのもうれしい。

 

東北ブロック

宮城野ゴルフクラブ

(宮城県亘理郡山元町坂元字渋沢43 仙台東部道路・亘理 20km以内)

福島県との県境に位置するゴルフ場。丘陵コースだが、アップダウンはさほどきつくない。南、東、西の3コース。ティーグランウンドからのコースの把握がしやすく、戦略が立てやすいゴルフ場だ。やや不利な立地だが、その分料金は手ごろだ。あなたの街からちょっと足を伸ばせるのならば、ここでのプレーは肩肘張らない小さな被災地応援になるだろう。

 

関東ブロック第一

北武蔵カントリークラブ

(埼玉県本庄市児玉町塩谷1000 関越自動車道・本庄児玉 10km以内)

1979年開業のゴルフコース。このくらいの時期に開業したゴルフ場は、時代にマッチしたゴルフ場へのシフトチェンジが難しい。狭くて短いという印象を持たれるとマイナス要因となるからだ。このゴルフ場は、そのマイナス要因と上手く向き合っている。ゴルファーの目先を変え、飽きさせない工夫がこのコースの魅力である。

 

関東ブロック第二

江戸崎カントリー倶楽部

(茨城県稲敷市江戸崎町羽賀2048 首都圏中央連絡自動車道・稲敷 5km以内)

首都圏中央道が開通してから霞ヶ浦の南側は、都心からのアクセスがよくなった。ここは、その恩恵を多く受けたゴルフ場のひとつだろう。東、南の2コースがある。共に開放感があるレイアウトで、爽快感のあるゴルフを楽しめる。人気は東コースに集まるが、個性的な南コースも味わいがある。

 

北信越ブロック

金沢セントラルカントリー倶楽部

(石川県金沢市東長江町於1番地 北陸自動車道・金沢森本 10km以内)

金沢市街からすぐの好立地にあるゴルフ場。開場は1993年だが、コース全体は小さめだ。ただ、フェアウエイは狭くスコアメイクは容易ではない。細かいテクニックが問われるアウトに対して、インは開放感のあるホールが続き、目先が変わり楽しくラウンドできるだろう。特に上がり2ホールは凝ったコースデザイン。ゴルファーを楽しませる配慮が心憎い。

 

5月ご紹介ゴルフ場

北海道ブロック

札幌テイネゴルフ倶楽部(旧:テイネオリンピアゴルフクラブ)

(北海道札幌市手稲区手稲本町593 札樽自動車道・手稲 5km以内)

札幌市内の立地ながら、低料金でキャディ付きのラウンドを楽しめるゴルフ場だ。「らいちょう」「きつつき」「うぐいす」の3コースを擁する。北海道らしい広々とした印象はないものの、各ホールともフラットなコースあり、高低差の激しいホールありとバラエティに富んだ設計になっている。丘陵ならではの眺望もこのゴルフ場の魅力。ブラインドホールが多く、キャディさんのアドバイスは必須。信頼関係をうまく築こう。

 

東北ブロック

みちのく国際ゴルフ倶楽部

(青森県十和田市大字洞内字樋口130-1 八戸自動車道・八戸 31km以上)

杉原輝雄プロ監修のゴルフ場。小さな努力を積み重ね大きな成果の果実を実らせた同氏らしく、派手さはないものの味わい深いコース設定は、1打、1打を大切に打ちたくなる気持ちを喚起させる。東北ゴルファーを魅了してやまない、丁寧に管理された芝、自然林が並木道のようにセパレートされたフェアウエイ。都市部のゴルフ場では決して味わうことができない贅沢さ。それがこのゴルフの魅力となっている。

 

関東ブロック第一

四街道ゴルフ倶楽部

(葉県四街道市小名木268 東関東自動車道・四街道 5km以内)

都心からの好アクセス、手ごろな料金が魅力のゴルフ場だ。メンテナンスに多少のイマイチ感はあるが、総合評価は高く設定していいだろう。手狭に感じるレイアウトもここは、歩きプレーのゴルフ場なので好都合と見ておくのが正しい見方だろう。適度の戦略性も担保されており、足腰のトレーニングとして利用すればここでラウンドする新しい価値が出てくるゴルフ場だ。

 

関東ブロック第二

藤岡ゴルフクラブ(旧:チャーミングリゾート藤岡ゴルフ倶楽部)

(群馬県藤岡市白石2925 上信越自動車道・藤岡 10km以内)

「実戦に勝る練習はない」という考え方のゴルファーにおススメのゴルフ場だ。なんといっても安いのが魅力。しかも上信越道・藤岡ICからも近く、交通アクセスもよい。狭いフェアウエイ、多用されている砲台グリーンなど戦略性も、西、東の2コースを有する選択性も担保されているので、定期的に通うメリットがある。値段が値段だけに多くのことを望まない前提で利用すれば多くの実戦感覚を養えるだろう。

 

北信越ブロック

都留カントリー倶楽部

(山梨県都留市法能天神山1452 中央自動車道・都留 5km以内)

ゴルフ場の真贋を見極める良い方法のひとつは、ホスピタリティが高いかどうかを見極めることだろう。ホスピタリティへの意識の高さは、ゴルフ場を運営するトップの意識の高さと言い換えてもいい。気分を害することなくゴルフを楽しむことを重視される方にはおススメのゴルフ場である。程よい料金の多彩なサービスが準備されているので、一度訪ねてみられてこのゴルフ場のよさを実感してみてほしい。

 

3,4月号ご紹介ゴルフ場

 

北海道ブロック

新千歳カントリークラブ

(北海道千歳市協和1392番地 道東自動車道・千歳東 10km以内)

新千歳空港から20分の好立地のゴルフ場。林間コースらしさを味わえる「ハマナス」、丘陵コースに近い「ホロカ」の2コース計36ホールを備える。北海道らしさという点では、物足りないが、セルフの商品を充実させ、低料金でプレーできる幅広い環境が整っている。コース管理の良さに定評があり、アップダウンの多さのマイナスを十分カバーしている。

 

東北ブロック

仙台南ゴルフ倶楽部

(宮城県柴田郡村田町大字沼田字中屋敷 東北自動車道・村田 5km以内)

ジャック・ニクラウス設計監修のゴルフ場。的確に配置されたバンカーが面白さを引き出し、驚きの演出がゴルフをする幸福感を満たしてくれる。例えば、グリーンが池に囲まれた15番は、ブラインドホールとなっており、ティーグラウンドからグリーンが見えない。心憎い演出だ。林と池に挟まれた8番は、フェアウエイが狭く見える仕掛け。ゴルファーを楽しませたいというニクラウスの思想が随所に散りばめられたコースだ。

 

関東ブロック第一

かさまフォレストゴルフクラブ(旧タイホーCC)

(茨城県笠間市福原301 常磐自動車道・土浦北 30km以内)

楽しくラウンドしつつ、実戦力が身につくゴルフ場である。広くレイアウトされたフェアウエイは、視覚的なプレッシャーはほどほど。気軽にドライバーを打ちたいゴルファーの満足度は高いだろう。しかし、微妙についているアンジュレーションによって、次のショットの難易度が変わる。状況においてどのような選択をすべきかを18ホールずっと迫られてくる。グリーンも難しめ。楽しくやりたいが、それだけでは物足りないゴルファーにとってベストチョイスとなるだろう。

 

関東ブロック第二

北越谷パブリックコース

(埼玉県吉川市上内川1218 常磐自動車道・流山 10km以内)

立地、コスト、やさしいコースレベルの3つの条件を満たすのは、関東圏ではやはり河川敷コースだろう。冬にあまりラウンドされないゴルファーの試運転としても、練習場では身につきにくい実戦での練習場として回ることにも適するゴルフ場だ。整備もまずまずで、その点で不快な思いをする事はないだろう。ただ、初心者が多いゴルフ場であることは、あらかじめ理解しておくべきだろう。手引きカートもいいトレーニングになるはずだ。

 

北信越ブロック

松本カントリークラブ

(長野県松本市内田2681 長野自動車道・塩尻 10km以内)

1974年開業。「松カン」の愛称で親しまれる長野県を代表する名門クラブ。松本市街を一望する絶景と白樺や赤松でセパレートされ「並木道」となっている美しいフェアウエイ。遠景には、穂高岳をはじめとする北アルプスがゴルファーのファインダーに収まる。スコアに血道をあげずゴルフを純粋に楽しむのもいいが、地元シングルプレーヤー魅了する難コースに挑戦するのが、ゴルファー魂というものだろう。

 

2月ご紹介ゴルフ場

 

東北ブロック

おおさとゴルフ倶楽部

(宮城県黒川郡大郷町東成田字北沢山18 東北自動車道・大和 15km以内)

ゴルフの上達過程にあるときに、気を使うことのひとつに上級者への気兼ねがある。「初心者が多く集うゴルフ場があれば、気軽にプレーできるのに・・・」と考えているゴルファーにおすすめである。何より安くプレーできるのが魅力だ。安さの理由は、セルフプレー、風呂なし(シャワーは完備)など簡素化に努めているためだ。まずは経験値を上げるには、ラウンド数を増やしたい。そんな量にこだわるゴルファーにはぴったりである

 

関東ブロック第一

芝山ゴルフ倶楽部

(千葉県山武郡芝山町大台2176 東関東自動車道・富里 15km以内)

多数存在する並行するウォーターハザード。狭くなるフェアウエイ。美しい景観は、程なく、決して少なくないプレッシャーへと変容する。2番、3番に代表されるこのゴルフ場の醍醐味はこの「プレッシャー」である。ぐっとグリップに力が入ってしまうプレッシャーは、剣の世界に似た、「間合い」や「凛とした雰囲気」を醸し出す。日常生活では、味わうことが出来にくくなったこの緊張感は、短いコースと合わせてミュアヘッドが提供した「侍の国」のゴルフ場のデザインである。

 

関東ブロック第二

ゴールド佐野カントリークラブ

(栃木県佐野市岩崎町1616 北関東自動車道・佐野田沼 5km以内)

美しさににこだわりを持つゴルフ場だ。前面に採用された高麗芝。根の強い芝で統一されたフェアウエイは、ゴルファーのプレーの心地を重視。年中、ゴルファーを緑のフェアウエイで出迎える。クラブハウス内のレストランやバスなど細部も徹底されており、多くのゴルファーの評価を得てきた。都心部からも比較的近い立地と費用のバランスも良く保たれている。

 

1月ご紹介ゴルフ場

 

関東ブロック第一

武蔵丘ゴルフコース

(埼玉県飯能市中山665 首都圏中央連絡自動車道・狭山日高 10km以内)

西武グループのため、電車で行ける名門ゴルフ場。普段は敷居が高いと感じても「ちょっとお邪魔する」的な利用が可能なのは、冬場のこの時期ならでは。広いフェアウエイは、開放感に溢れ、林間コース独特の落ち着いた佇まいと同居する。しっかりしたコースメンテナンスと教育の行き届いたキャディは、名門の証でもある。

 

関東ブロック第二

鎌倉パブリックゴルフ場

(神奈川県鎌倉市今泉5-1003 横浜横須賀道路・日野 10km以内)

用具の進化は、ゴルフ場の器も変えてしまった。改修が進み、長い距離をセールスポイントにするゴルフ場も珍しくない。そんな中、距離の短いこのゴルフ場は、存在感を増している。500Yを越えるホールがないため、FWやアイアンの精度を磨くには絶好のゴルフ場だ。楽しむよりも研鑽を積む場として考えると都心に近いメリットと合わせて相乗効果を生むことだろう。

 

2012年
12月ご紹介ゴルフ場

 

関東ブロック第一

富里ゴルフ倶楽部

(千葉県山武郡芝山町小原子773 東関東自動車道・成田 10km以内)

名門ゴルフ場を賢く利用してみてはどうだろうか?「歩きプレー原則」「芝から打てるアプローチ練習場」「きついアンジュレーションのグリーン」を備えるこのゴルフ場でのラウンドは、プレーの質の低下をきっと防いでくれることだろう。コースコンディションは常に最高に保たれている。会員重視のため、料金は高めだが会員になるに値するに十分なゴルフ場ともいえる。

 

関東ブロック第二

大宮カントリークラブ

(埼玉県さいたま市西区飯田新田40 首都高速道路・与野 5km以内)

河川敷ゴルフ場の良さは、なんといっても便利な立地あることだろう。ここはハーフコースも可能であるため、使い勝手もよい。さらに価格も手ごろであることを考えるとこの時期のゴルフに適しているといえるだろう。チープさのない緑も充実した「くれない」「あかつき」「みどり」の3コース。フラットで短めの距離だが、3WやFW,アイアンの精度を高める目的を持てば違った一面が見えてくる。

 

11月ご紹介ゴルフ場

 

東北ブロック

バイロンネルソンカントリークラブ

(福島県いわき市渡辺町上釜戸子繋130-2 常磐自動車道・いわき湯本 5km以内)

ベン・ホーガンやサム・スニードらと一時代を築いた名ゴルファー、バイロン・ネルソン設計のゴルフコース。EAST、WEST、SOUTHの3コースを擁する。池のハザードが景観に溶け込んだSOUTH9番、ブラインドホールのEAST8番など各コースには、それぞれ名物ホールがあり楽しくラウンドできる。大好評のランチバイキングは美味しすぎるので食べ過ぎに注意。近隣の施設には、映画「フラガール」の舞台になったスパリゾートハワイアンズ(旧常磐ハワイアンセンター)があり、良質の温泉が楽しめる。

 

関東ブロック第一

筑波国際カントリークラブ

(茨城県つくば市大字平沢1257 常磐自動車道・土浦北 15km以内)

都心から一時間程度の立地+手ごろな価格帯+開放感に浸れる景観から成る方程式はグッドバランスのゴルフ場という解を導き出す。適度に収まった難易度は、ゴルフのベーススキルを磨くには絶好である。高麗グリーンを採用しているので、パターの技量を上げたいゴルファーはリピートしてみる価値は十分。山岳コースゆえのアップダウンが厳しいが、足が鍛えられると前を向こう。

 

関東ブロック第二

カナリヤガーデンカントリークラブ

(千葉県君津市大坂1228-1 首都圏中央連絡自動車道・木更津東 20km以内)

房総半島中部に位置するが、三井アウトレットパーク木更津の開業で再注目の東京アクアラインを利用すれば、都内からでも行きやすくなった。名物の日本では珍しいアイランドグリーンの14番など飽きの来ない美しいレイアウトと戦略的なセッティングが両立する。設計は往年の名プレーヤー、金井清一氏。指導者としての一面も知られる同氏のマルチな才能が、ここでも発揮されている。

 

関東ブロック第三

川越カントリークラブ

(埼玉県東松山市大字大谷4189 関越自動車道・東松山 15km以内)

名称は川越だが、立地は東松山市。設計は中村寅吉氏で、クラブハウス内には同氏のメモリアルギャラリーがある。開場は1963年で伝統に裏付けられたしっかりしたコースメンテナンスが特長だ。ベントと高麗の2グリーンで、東、西、中の3コースがある。それなりの価格帯のゴルフ場のため大人の雰囲気が漂う。都心に近い魅力と合わせてシニアゴルファーにおススメだ。

 

北信越ブロック

加賀セントラルゴルフ倶楽部

(石川県加賀市熊坂町辰19-5 北陸自動車道・加賀 5km以内)

コースを美しく保つことは、ゴルファーに対する最大のもてなしとするならば、このゴルフ場のレベルは、極めて高い。この場所を訪れる人々が口にする「美しいグリーン」。それが、このゴルフ場の顔である。狭いフェアウエイとグリーン手前側に多く配置されたバンカー。自分の技術力の立ち位置を確認できるゴルフ場でもある。ゆったりとした構造だけに、コンパクトなつくりのゴルフ場に慣れたゴルファーは戸惑う部分もあるが、それは些細なことと納得できるだろう。

 

10月ご紹介ゴルフ場

上田治 1907年(明治40年)大阪・茨木市生まれ。京都大学農学部卒業後、関西の名門廣野ゴルフ倶楽部(兵庫県)の造成にスタッフとして参加。同ゴルフ場の支配人を務めた後、独立して多くのゴルフ場設計に携わる。

どんな地形であっても果敢に挑戦して設計した姿勢もあり、雄大な男性的なイメージのゴルフコースが多い。古賀ゴルフ場(福岡)下関ゴルフ倶楽部(山口)など西日本のゴルフ場を中心に活躍した。

安田幸吉 1905年(明治38年)東京生まれ。東京ゴルフ倶楽部にキャディとして入り、その後プロゴルファーに転じる。タイトルとは無縁だったが、日本のプロゴルフ草創期の名選手として活躍。

引退後は、小樽カントリー倶楽部(北海道)など全国の多くのゴルフコース設計を手がける。日本庭園を思わせる柔らかな表情のコースが特長で、だれもが楽しめる設計を信条とし、プレーヤー出身ならではの配慮の行き届いたゴルフ場が多い。

北海道ブロック

樽前カントリークラブ

(北海道苫小牧市錦岡491 道央自動車道・苫小牧西 5km以内)

北海道を代表する湖、支笏湖。その南にそびえる樽前山の麓にあるゴルフ場で上田治氏の設計である。北、南、中の3コース。どのコースもほぼフラットで北海道のゴルフ場らしく広々と確保されているフェアウェイがゴルフの爽快さを堪能できる。コースの独自性があまりみられないので、初めてでもそこそこのスコアで回れるだろう。接待ゴルフ旅行でも十分楽しめるはずだ。ただ、グリーン周りのバンカーは厄介な印象。アプローチの技術力が問われる。

 

東北ブロック

表蔵王国際ゴルフクラブ

(宮城県柴田郡柴田町大字船迫字日光48 東北自動車道・村田 15km以内)

仙台市の南に位置する柴田町に位置するゴルフ場。安田幸吉氏の設計。2007年まで国内男子ツアー「JCBクラシック仙台」が開催されていたコース。開場は1965年と古く、宮城県を代表する名門ゴルフクラブである。東、西、南の3つの丘陵コースでブラインドホールが多く、まずはキャディさんと回るプランがおすすめだ。打ち下ろしのホールの絶景は安田氏の思い入れを感じさせる。

 

関東ブロック第一

新千葉カントリー倶楽部

(千葉県東金市家之子2177 千葉東金道路・東金 10km以内)

あさぎり、つくも、たちばなの全54ホールを抱える。23区内からでも1時間半程度で行ける好立地。上田治氏の設計。同氏らしさを感じさせるのは「あさぎり」コース。フラットな1番、2番から始まり、アップダウンの激しいホールへ。静から動への移り行くコースレイアウトは、ドッグレッグに砲台グリーンを組み合わせた難ホール18番でフィナーレ。ここち良い疲労感と満足感を味わうことができる。カード使用不可や古い設備もある意味、このゴルフ場の味だ。

 

関東ブロック第二

リバー富士カントリークラブ

(静岡県富士市北松野4222-10 東名高速道路・富士 20km以内)

安田幸吉氏の設計した美しい景観のコースと背後の富士山による借景。絶妙なコントラストのなかでプレーできる喜び。ゴルフの醍醐味を実感できるゴルフ場だ。駿河、甲斐、富士の3コースを擁し、高級感もあり接待にも適する。戦略性をもとめるならば富士コースがおススメだ。アップダウンと巧みな配置のハザードが適度の刺激となっている。楽しく回れる駿河、景観美に優れる甲斐コースも十分なクオリティ。ここは、何度も訪れてよさを味わいたい。

 

関東ブロック第三

甘楽カントリークラブ

(群馬県甘楽郡甘楽町天引1955 上信越自動車道・吉井 10km以内)

初心者にも配慮のある安田幸吉氏の「らしさ」を感じさせるゴルフ場。多彩な料金設定の効果もあり、多くのゴルファーを受け入れている。フラットなコースレイアウトで不自然なつくり込みがないため、全体に「やさしめ」の設計。ただ、巧みに配置された木々や、落としどころのフェアウエイが狭くなるなど「簡単なコース」ではない。経営母体が変わり、かつての名門クラブの敷居の高さはなくなったが、丁寧なコース整備など名門の誇りは随所に感じられる。

 

北信越ブロック

塩嶺カントリークラブ

(長野県塩尻市大字北小野4956番地 長野自動車道・岡谷 10km以内)

上田治氏の設計。1番ホールからいきなりの打ち下ろしのダイナミックな「しらかば」コース、ドッグレッグ多用で技術力が試される「りんどう」コース、アップダウンを豪快に用いた「すずらん」コースと個性的な3コースが揃う。雄大な男性的なコースレイアウトは、上田氏のコンセプトを見事に体現している。サービスやコースメンテナンスにもしっかりと力を入れているため、安価な料金設定はない事が、このゴルフ場の誇りを感じさせる。

 

GM編集部は、楽天GORAによるゴルフ場予約サービスを展開中です! 今月は、温泉地ゴルフ場特集! ※クラブハウス内に温泉を引いていないゴルフ場もありますのでご注意下さい

 

9月ご紹介ゴルフ場

北海道ブロック

真駒内カントリークラブ

(北海道札幌市南区常磐200 道央自動車道・北広島 30km以内)

支笏湖温泉から札幌方面へ車で約30分。広い札幌市の南端に位置するゴルフ場。1965年開業で池のハザードが印象的な空沼、ドッグレッグ多用の戦略性の高い藻岩の2コースをもつ。グリーンは速く、うまく適応できるかセンスを問われる。キタキツネなど運がよければ出会える魅力は北海道らしさ。OBなしの長い距離のコース設定は、体力勝負でもある。

 

東北ブロック

秋保カントリークラブ

(宮城県仙台市太白区秋保町湯元字太夫134 東北自動車道・仙台南 10km以内)

仙台の奥座敷、秋保温泉。東北有数の温泉地として知られる。太白カントリークラブ秋保コース(旧秋保カントリークラブ)は、秋保温泉を代表するゴルフ場。距離は短いが、狭いフェアウエイ、右へ左へと揺さぶってくるドッグレッグ、距離感を徐々に崩されるアップダウンとコース設計は難しめ。趣のあるゴルフ場ながら手軽な料金設定がうれしい。

 

関東ブロック第一

湯河原カンツリー倶楽部

(神奈川県足柄下郡湯河原町吉浜2020 小田原厚木道路・小田原西 5km以内)

相模湾を見下ろす絶好のロケーション。それは山岳コースゆえ。他のゴルフ場ではなかなか体験できないアップダウン。もしあなたが体力に自信があるならば、歩きゴルフにチャレンジするのもいい。大変なラウンドになったとしてもそれもゴルフ。きっとあなたのゴルフ史に歴史を刻むラウンドになるだろう。砲台グリーンの難しさを実感する5番と相模湾を見ながら打ち下ろす14番が面白い。

 

関東ブロック第二

伊香保カントリークラブ

(群馬県渋川市伊香保町伊香保654 関越自動車道・渋川伊香保 10km以内)

1959年開業の伊香保温泉を代表するコース。広めのフェアウエイながら傾斜のきつさがゴルファーを悩ませる。全体的に難しく、16番、17番でピークに。これを越えると池越えショートの17番とまっすぐな18番ロングとなるのでそこまでで気持ちを切らないように頑張りたい。よく手入れされたゴルフ場で、随所に名門の誇りが感じられる。

 

関東ブロック第三

敷島カントリー倶楽部

(山梨県甲斐市神戸440 中央自動車道・韮崎 15km以内)

甲府市にある湯村温泉は、松本清張の代表作「ゼロの焦点」の舞台にもなった。このゴルフ場は、主人公たちも訪れた昇仙峡や富士山、南アルプスを一望できる眺望が魅力。名門富士桜カントリー倶楽部の姉妹コースでもある。山岳コースだけに曲げてしまうと厳しいが全体的にはまっすぐなコースレイアウトで難しさはない。芝の手入れもよく、気持ちよくラウンドできるコース。

 

北信越ブロック

芦原ゴルフクラブ

(福井県あわら市浜坂66 北陸自動車道・加賀 5km以内)

福井市の北に位置するあわら市の芦原温泉は、関西の奥座敷として知られ、北陸指折りの名湯である。このゴルフ場は名物コースである海コースをもつ。日本では数少ないシーサイドコースだ。ここは、どのホールも驚くほどのシンプルなコースレイアウト。なぜならば、海コースの最大のハザードは日本海から吹きつける強風だからだ。この強風は、多くのゴルファーを未体験ゾーンへと導いてくれるだろう。

 

8月ご紹介ゴルフ場

北海道ブロック

帯広白樺カントリークラブ

(北海道河東郡音更町字長流枝17番地15道東自動車道・音更帯広 15km以内)

白樺、桜の2コースを楽しめる北海道らしい雄大なゴルフ場。日本では珍しいコース内にカート乗り入れが可能なゴルフ場でもある。 平坦で広いフェアウエイのホールが多いが、アンジュレーションがきついホールもあり、飽きの来ないコース設計だ。距離が短いので女性とのラウンドにもおすすめ。

 

東北ブロック

津軽高原ゴルフ場

(青森県平川市小国深沢18-42 東北自動車道・大鰐弘前 15km以内) 十和田湖から1時間半あまり。津軽平野の南端に位置する高原ゴルフ場。設計者はアーノルド・パーマーで、フェアウエイの芝の管理がよいこともあり景観の美しさを堪能できる。林でセパレートされてたレイアウトはボールコントロールの技術が問われる。一方でタイプの異なる3つの池越えホールが楽しいゴルフを演出する。無料の朝食サービスもうれしい配慮だ。

 

関東ブロック第一

那須国際カントリークラブ

(栃木県那須郡那須町高久丙1792 東北自動車道・那須 15km以内)

全国展開する東急ゴルフリゾートの中でも、最高級クラスのゴルフ場。ここの名物は、訪れたゴルファーを唸らせる高速グリーン。真夏の太陽で水分を失ったグリーンは、さらにパットの難易度を上げることだろう。ここではキャディさんに敬意を払い、真摯な態度でパットに臨みたい。どのホールもグリーンまでは見通しのよい設計。那須高原の清涼な空気の下、快適なゴルフを味わえるだろう。

 

関東ブロック第二

草津高原ゴルフ場

(群馬県吾妻郡草津町大字草津字白根国有林154林班 関越自動車道・渋川伊香保)

草津の8月の平均気温は20℃前後、涼しい環境でゴルフ、夜は温泉。真夏の極楽は都心からほどほどの近場に存在する。直線的で広く取ったフェアウエイ、凝ったハザードのないコースレイアウトは、だれもが楽しめるコース設計。上級者には、難しめのグリーンが満足度を上げている。林越えの名物の18番ショートなどアクセントの効いたホールが散りばめられ飽きのこないラウンドを楽しめる。

 

関東ブロック第三

水上高原ゴルフコース

(群馬県利根郡みなかみ町藤原6152-1 関越自動車道・水上 25km以内)

高原ゴルフを手ごろな価格で楽しむには最適のゴルフ場。食事に難ありの印象だが、価格に応じたサービスと割り切れれば楽しくゴルフができる。こぶしコースは、ドッグレッグ多用で戦略性もまずまず。狭いフェアウエイとOBゾーンの多さでスコアメイクは簡単ではない(グリーンオーバーは要注意)。アイアンの技術力が問われるコースといえる。

 

北信越ブロック

菅平グリーンゴルフ

(長野県須坂市峰の原町3153 上信越自動車道・上田菅平 25km以内)

標高2000m超の高地に位置する菅平高原。夏のこの時期は冷涼な気候を求めて全国の大学ラグビーの強豪校が終結し、夏合宿を張っている。そんな好立地のゴルフ場だから夏のゴルフには最適。高原ゴルフ場だから出来る広々としたレイアウトで爽快なゴルフを楽しめる。14番ロングは、580Yのまっすぐなコースセッティング。高い標高ゆえに飛ぶボールとあわせ飛ばし屋には堪えられないホールだ。

 

7月ご紹介ゴルフ場

北海道ブロック

ニドムクラシックコース

(北海道苫小牧市字植苗430 道央自動車道・苫小牧東 5km以内)

1987年開業の北海道の新名門コース。ニスパOUT・ニスパIN・アシリ・ピリカ・カムイの全45ホール。新千歳空港からも近く、道外からもプレーヤーが多く訪れる。ホテルも完備し、滞在ゴルフも可能だ。ビリカコース5番(Par5)は、3回クリークを跨ぐ名物ホール。距離感があわせにくい第1打から気が抜けないエキサイティングなホールだ。

 

東北ブロック

メイプルカントリークラブ

(岩手県岩手郡滝沢村大沢1-1 東北道・盛岡 15km以内)

岩手県を代表する高級ゴルフ場。キャディ付き、「歩き」プレーを原則としする伝統は開業から変わらないこだわり。高いサービス力で他のゴルフ場を圧倒する。現在も休日プレーはメンバー同伴が必要だが、ネット予約もできるようになった。グリーン前に池を配置したPar5の7番、左右のドッグレッグの17、18番と多彩なコースレイアウト。

 

関東ブロック第一

おおむらさきゴルフ倶楽部

(埼玉県比企郡滑川町中尾1185 関越道・東松山 10km以内)

平坦なコースレイアウトで凝ったハザードもないが、アンジュレーションはきつくボールの落としどころが難しい戦略的なコースセッティングとなっている。丘陵コースだけに距離感があわせにくく、中上級者に面白さを感じさせるゴルフ場だ。都心からでも1時間程のアクセスは魅力。高級感もあり接待にも適する。

 

関東ブロック第二

軽井沢高原ゴルフ倶楽部

(群馬県吾妻郡長野原町北軽井沢2032 上信越道・碓氷軽井沢 31km以上)

旧軽井沢から約1時間。中軽井沢の爽快な風を切り裂いて北へ車を走らせると、群馬県の天丸山の麓に広がるリゾートゴルフ場にたどり着く。それが軽井沢高原ゴルフ倶楽部である。訪れた者を決して裏切ることのない洗練されたなクオリティ。この夏も多くのゴルフファーを唸らせることだろう。あなたがその中のひとりであることを強く願う。

 

関東ブロック第三

プレジデントカントリー倶楽部 軽井沢

(群馬県吾妻郡長野原町北軽井沢2032-16 上信越道・碓氷軽井沢 30km以内)

あらゆる点に「目配り」が行き届いたゴルフ場でプレーできることは、楽しくラウンドする欠かせない条件。そういう意味でここは、ポイントが高いゴルフ場だ。短い距離は女性に、初心者に。高速グリーンは上級者にゴルフの楽しさを提供する。よい程度に収まった戦略性はのんびりゴルフを楽しむにはぴったり。さらに11月まで、海外旅行があたるキャンペーン中とくれば、チェックするに値するゴルフ場だろう

 

北信越ブロック

軽井沢浅間ゴルフコース

(長野県北佐久郡軽井沢町発地南軽井沢 上信越道・碓氷軽井沢 5km以内)

軽井沢浅間プリンスホテルに隣接する、日本では珍しい2サム専用コース。女性同伴とラウンドするにはおススメ。繁忙期の宿泊プランはやや高めの料金設定だが、多彩なプランが用意されているので、必ず納得のいくプランがあるはずである。フェアウェイは狭いとされているが、距離も短く、ハザードもほどほどでリゾートゴルフとして楽しむ分には十分だろう

 

6月ご紹介ゴルフ場

北海道ブロック

ツキサップゴルフクラブ

(北海道札幌市清田区有明412-5 道央自動車道・北広島 20km以内)

長い、長い北海道屈指のロングコース。ミドルのうち400Y越えが約半数。飛距離に自信のある方は、ぜひチャレンジしたい。4番、14番のドックレッグは難ホールだが、その他は、凝ったハザードもなく、広いフェアウエイということもあり、楽しく回れるコース。広大さはないものの美しい白樺並木は、北海道らしさ満点。

 

東北ブロック

利府ゴルフ倶楽部

(宮城県宮城郡利府町森郷字内の目北3-25 東北自動車道・大和 15km以内)

9月下旬のミヤギテレビ杯ダンロップ女子オープン開催のコース。初夏から徐々にラフを伸ばしはじめ、コース難易度が徐々に上がっていく。4番と15番のショートは、池越えの名物ホール。プレッシャーに耐えながらロングアイアンの距離をきちんとあわせる技術力が試される。17番、18番はバーディチャンスもある楽しく難しいコース。

 

関東ブロック第一

石岡ゴルフ倶楽部

(茨城県小美玉市世楽1050-1 常磐自動車道・千代田石岡 15km以内)

名門でありながら、他の関東の名門では考えられない価格とサービス内容は、間違いなくトップクラス。関東ゴルファーなら知らない人はいない位に有名になったタイトリストProV1が無料で打てる練習場だけでなく、ニクラウス設計コースなど、おすすめポイントが多数。ほとんどフラットな林間コースだが、巧みな配置のバンカー、難しいグリーンはスコアをまとめさせてくれないだろう。

 

関東ブロック第二

中津川カントリークラブ

(神奈川県厚木市中荻野字細谷1941-1 東名高速・厚木 15km以内)

丘陵らしい丘陵コース。高低差を上手く活かしたコースレイアウト。上がり5ホールにこのコースの面白さが凝縮。谷越えの14番、池越えの15番、ドッグレッグの16番、短めのロング17番。そして18番は打ち下ろしのショート。フラットなコースでは味わえない、打ち下ろしの醍醐味と打ち上げの難しさをここでは楽しめる。

 

関東ブロック第三

関越ハイランドゴルフクラブ

(群馬県高崎市吉井町長根2718 上信越自動車道・吉井 5km以内)

27ホールもある雄大で贅沢なレイアウトのコースが練馬ICからでも、1時間半ほどで行ける良好なアクセス。少々の設備の古さには、目をつぶりコースの楽しさを味わうならこのゴルフ場。短い距離、広いフェアウエイ、易しめのグリーン。気軽に楽しく回れるコースセッティングに加え、安い料金設定となれば人気のゴルフ場というのもうなづける。

 

北信越ブロック

中峰ゴルフ倶楽部

(新潟県新発田市本田130-4 日本海東北自動車道・豊栄新潟東港 15km以内)

 

グリーンにまとわりつくように配置されたバンカー、心理的な圧迫感を意識した池。いろいろなハザードがゴルファーを悩ませるがそれが癖になるような、ゴルフ好きのツボを押さえているコース。17番ショートで池に落とすと、18番はどうしても左に刻みたくなる。しかし、そこは狭くなったフェアウエイ。それはコース設計者、小林光昭氏との見えない心理戦でもある。

[`evernote` not found]
LINEで送る

お問合せ
ページ上部へ