ゴルフをもっと「楽しく」「面白く」!

芝以外にもある!風の予測法~その2~

2018年05月23日 category:ゴルフのリクツ!!

 

 

「芝以外にもある!風の予測法~その2~」

 

 

 

 

 梅雨明けまでは、風の季節!!

 

 

 

梅雨の時期は、雨が降る前には南風、雨が止んだら北風が吹くので

梅雨の晴れ間にゴルフへ行こうとすると

ほとんど風が吹いているという状況。

梅雨明けまでは、風の影響が続きそうです。

 

 

 

 

 

 

前回「春風には、アイアンの番手を上げて」にて
芝を使って風速の予想の立て方をご紹介しました。

 

 

 

 

 

 

今回は、芝以外にもある!風の予測法をご紹介します。

 

 

 

■グリーンの風向き

打つ場所は無風でも、グリーン上は
風が吹いている場合もあります。

飛び始めの勢いがある球よりも、
球威が落ちた球の方が
風の影響を受けてしまいますから
グリーン上の風向きで計算しましょう。

 

 

 

■鳥の飛び方

鳥が前に進めずフワッと浮いたら
風はアゲンスト。
鳥の体の向きと進む方向が違う場合は
横風に流されている。

 

 

 

■林間コース

 

木に囲まれたホールの場合は
木のどこがどう揺れているかを見ましょう。

上部の枝だけならアゲンスト
下まで全体的ならフォロー
どちら側かの木だけが揺れている場合は逆サイドからの突風

 

 

 

■海風は重いって本当!?

湿度100%と0%の風、どちらかと言えば
湿度100%の風の方が影響は
少ないそうですが、
実際にはほとんど影響はないとのこと。

 

 

 

風の影響を映像としてイメージしてみる

 

前回の記事で風の強さ、
今回の記事で風の方向などを読めたら、

球がどれくらい風に流されて、どこに落ちるかを
映像として頭でイメージしてみることが大切です。

 

お問合せ
ページ上部へ