ゴルフをもっと「楽しく」「面白く」!

冬の出だしのダボ発進を防ぐティショット技!!

2018年10月24日 category:ゴルフのリクツ!!

 

コースコンディションの悪さと寒さで体も動きにくい冬の朝。

そんな時は、6~7割のチカラで振るといいのですが、

分かっていても、つい夏場や昼間と同じスイングをして

打ち損じてしまう人は多いのではないでしょうか。

 

 

■原因「打感」のイメージミス

 

6~7割のチカラでスイングしようと

そーっとテイクバックしたものの

切り返し以降では無意識にフルスイングの

分厚い打感イメージで叩きに行ってしまい

体が対応できず起こるミスです!!

 

コンパクトに振るなら

その分インパクトも軽くなるイメージをしっかり持ちましょう。

 

 

2017.05.26.12.34.39-Kyle Toms wedge-0007
2017.05.26.12.34.39-Kyle Toms wedge-0007 / www.davidmolloyphotography.com

 

夏のインパクト音が「バキーン」なら

冬の朝イチは「スパーン」という感じです。

 

 

 

■朝イチ技「シャープな振り」

 

 

033 – Nick Boarman / Neville Wootton Photography

 

可動域が狭いのは当然と考え

コンパクトな振りで対応しましょう。

 

 

1.アドレス小さくスタンス狭め

 コンパクトに振るためには

 アドレスを小さくするといいですね。

 グリップを短く握り

 スタンスは普段より靴1足分狭くします。

 

 

 

2.トップは自然と小さくなる

 小さく構えた分、スイングの弧も小さくなるので

 トップは自然とコンパクトになる。

 トップでは肩を深く入れることで

 手打ちを防ぎます。

 

 

 

3.へそは下に向けて

ダウンスイングで伸び上がらないよう注意!

へそを下に向け前傾を保ち

手元の通り道を確保しよう。

 

 

 

4.力み防止にソールを浮かせて

アドレスで力みがちな人は

ドライバーのソールを浮かせて

構えてみましょう。

背中でドライバーを支える感じが出て

力みにくくなります。

 

 

 

朝イチのミスショットはスコアだけでなく

メンタルにも影響してしまいます。

 

軽いインパクト音をイメージしながら

コンパクトに振って良いスタートを!!

お問合せ
ページ上部へ