ゴルフをもっと「楽しく」「面白く」!

チュアン チュン GCが リニューアルしてフローラビレに!

2018年03月22日 category:トークに役立つ小ネタ | 海外ゴルフ情報

 

 

タイと日本を往復しながら、
仕事もゴルフも謳歌されているnagaichiさん。

 

今回は、タイのキャディーさん事情を
nagaichiさんのブログ「タイでゴルフ友達になりましょ。」よりご紹介いたします。

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

タイのゴルフ場って、新しくオープンするコースは聞いても 閉鎖するコースって聞きません。

 

数年前、プレジデントCCが一時閉鎖され、オーナーが変わって
今はスワンナプームCCとして、再スタートしています。

 

そう、オーナーが変わって再スタートというのは、時折ありますネ。

 

 

 <フローラビレ ゴルフ&カントリークラブの正面玄関>

 

最近では、チュアン チュン ゴルフクラブがクラブハウスを素敵にリニューアルして、
名称も“フローラビレ ゴルフ&カントリークラブ(Flora Ville Golf & Country Club)” として、
新装オープンしています。

 

確か 3代目のオーナーになるんじゃなかったですかネ。

 

プレーしてきました。

 

 

 <クラブハウス入口>

 

 

広くスペースを取っていた旧クラブハウスはそのままになっていますが、
以前 ドライビングレンジの場所に 新しいクラブハウスを建てて、
名称 同様 大きくイメージチェンジしています。

 

 

 <コースから見た新クラブハウス>

 

 

同コースはドンムアン空港近くのチャオプラヤー川を渡ったノンタブリ地区に位置し、
バンコク市内から約1時間で行けます。

 

よって、以前から アクセスも良く料金も低めで、コースもまぁまぁと、
コストパフォーマンスの良いゴルフ場として、
タイ人や一部 日本人のゴルファーの間で人気がありました。

 

 

 

 

それが古臭いクラブハウスからハイクラスなコースへとリニューアルし、
ロッカーからシャワー室、レストランをホテルのように高級感を出していますので、
今後 多くのゴルファーが集まるでしょうネ。

 

 

 

 

ちょうど20年前の1998年にニック・ファルドの設計で開場しました。
バンコク近郊では、サミット ウィンドミルCCもニック・ファルドの設計でしたネ。

 

パタヤ方面にも2・3あります。

 

住宅地の中にあるとは思えないほどの木々に囲まれたコースです。

 

平坦ながらチャオピア川が近いせいか池が多く、ほとんどのホールに絡みます。

 

池がフェアウェイを狭く感じさせ、当然 正確なショットが要求されますネ。

難易度も高くし、低料金のコースにありがちな簡単なレイアウトではないですヨ。

 

 

 <ロストボールを多めに持って>

 

 

水捌けが良いこともあってか、以前はシニアプロのテスト会場にも使われたコースで、
競技志向のゴルファーや上級者クラスから好まれるゴルフ場でしょうネ。

 

あの2011年の大洪水で水浸しになってしまった時には、
生き残れるか心配されたゴルフ場の一つでした。

 

 

<中央にあるのが旧クラブハウス、新ハウスは右の木の陰に>

 

 

ですが、かえって 余計な木々など切られて良くなったように思います。

 

今回 コース内の改修は、一部だと聞いていますが、
グリーンとグリーン周りのコース管理が、さらに良くなっています。

 

私たちがプレーしている最中も 細目にメンテナンスを行なっていましたネ。

 

 

<レストランが一番 変貌した>

 

 

ホテル並みに変貌したレストランの料理も、値段は少々上がりましたが美味しかったですネ。

 

スタッフの応対も、随分と良い方へ変わりました。

 

何といってもクラブハウス全体が、ハイクラスコースのように高級感を醸し出しています。

 

タイ人も富裕層が集まって来ているように思います。

 

 

 

 

とてもクラブタイランド料金で、
平日1,000バーツ、週末1,500バーツ前後のグリーンフィでプレーできるとは …

 

コストパフォーマンスが より素晴らしくなりました。 一度 お試しを!

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

nagaichiさんのサイトタイでゴルフ友達になりましょ。では
ガイドブックにも載っていないタイやゴルフ情報満載です。ぜひご覧下さい!!

 

 

お問合せ
ページ上部へ