ゴルフをもっと「楽しく」「面白く」!

ショートアプローチは飛ばない構えで!!

2018年02月22日 category:ゴルフのリクツ!!

 

 

ピンまで残り30ヤード以内の短い距離のアプローチ。

ここでダフリやトップ、ショートやオーバーのミスを繰り返してしまう人……

 

もしかして「構え方」に問題は、ありませんか?

 

そこで今回は、ショートアプローチでの構え方をご紹介します!!

 

 

 

ショートアプローチは飛ばない構えで!!

 

 

 

30ヤード以内のアプローチのポイントは、
あえて球が飛ばない構え!!

 

 

 

■スタンスは、両足がつくほど狭く

 

広すぎるスタンスは、体が動いて大きい振り幅になってしまうため
ボールが飛びすぎてしまいます。
両足をほぼピタッとつけるくらい狭くしましょう。

 

体の可動域と振り幅が制限され
ボールが飛びすぎる心配がありません。

 

自然と小さな振り幅でしっかりスイングができるので、
インパクトでの緩みがなくなり
距離感が合いやすくなります。

 

 

その時、左足を少し引いて
「オープンスタンス」に構えると
目標方向にクラブを出しやすくなります。

 

さらにヘッドの抜けも良くなるので
ダフリやトップのミスを防止して
ミート率が大幅アップ!!

 

 

 

■ボール位置は、体の正面

 

ピッチ&ランのボール位置は、体の正面が基本。
オープンに構えるとボール位置が右足寄りに見えますが
右に置き過ぎるとヘッドの抜けが悪くなります。

 

やや左足体重が理想的。

 

 

 

 

■握り

 

スタンスを狭くして、ボールに近づいて構えるので
そのぶんクラブは短く、しっかり握るのがポイント!!

 

 

 

■ややハンドファーストな構え

 

手を太ももの内側にセットして
ややハンドファーストに構える。

 

 

 

インパクトが緩まずピタっと寄せられます!!

お問合せ
ページ上部へ