ゴルフをもっと「楽しく」「面白く」!

あなたは大丈夫!?練習場でのNGアドレス

2018年08月20日 category:ゴルフのリクツ!!

 

 

あなたは大丈夫!?練習場でのNGアドレス

 

 

アマチュアゴルファーの練習は、基本1人。

集中してじっくり練習できるのはいいけれど

チェックしてくれる人がいないので、自己満足に陥りやすいのも事実。

 

 

例えば、コースではミスショットが出るとフィードバックするのに

練習場では、ミスショットが続こうとも気にせず何度も打って、

偶然出た1回のナイスショットに満足しがち。

 

練習でこそ、ミスショットの原因をしっかり探りたいところですが、

多くの人がボール位置やスタンスなど

アドレスからミスしているパターンが目立ちます。

 

そこで今回は、練習場でやりがちなNGアドレスを3つご紹介します。

ぜひ、チェックしてみてくださいね。

 

 

 

NG1.マットに並行に立っている

 

 

何も考えずにマットと平行に構えている人も多いはず!

それって本当にスクエアになっていますか?

 

 

ターゲットからボールまでラインを引く

 

 

       上体を起こして見ると肩の向きがずれ

       構えが歪んでしまいます。

       前傾したまま顔だけを横に向け目線でそのラインを追うとよい。

 

 

 

NG2.ボール位置の基準が左かかと

 

 

左かかとを基準にボール位置を合わせていませんか?

でもそのスタンスが毎回同じとは限りませんよね!?

そうなるとボール位置も狂うことになります。

 

 

ファスナーなど、自分の体の中心線から合わせる

 

 

       ズボンのファスナーやベルトのバックルなど

       自分の体の中心となる線から合わせることで

       ボール位置をいつもに同じ位置にして構えましょう。

 

 

 

NG3.立ち位置がボールに近すぎる

 

 

近くに立ちたくなる気持ちは分かりますが

それでボールに当てようとすると

不自然なスイングになりませんか?

 

 

グリップエンドと体を
こぶし1個半から2個分空ける

 

 

       グリップエンドと体が近すぎると

       シャンクが出たりインパクトで上体が浮く原因にもなる。

       前傾角なども見直しましょう。

 

 

 

まずは、アドレスのこの3つの注意点をチェックして

改善してみて下さい。

 

お問合せ
ページ上部へ