ゴルフをもっと「楽しく」「面白く」!

「ドライバー」飛ばない悩みは、これで解決

2018年04月22日 category:くりかえしてうまくなる。DRILLのツボ!

 

 

「ドライバー」飛ばない悩みは、これで解決

 

 

■インパクトでボールを

当てようという意識が強すぎませんか?

 

 

その気持ちが先行すると、顔が左を向いてしまい
上体が回って体が開いてしまいます。

 

すると振り遅れたり、フェースが開いたりしてしまうので、
ボールが飛びません。

そこで、上体の開きを遅らせるために、
トップで右足の前に視線を向けたままクラブを振り下ろしてみてください。

 

クラブの通り道ができ、クラブが体を追い越すイメージで
インサイドから振り下ろします。

 

フォローで自然にヘッドが返るので、ボールがつかまって
ドローボールとなり、飛距離が伸ばせます。

 

 

 

飛ばすために効果的な練習ドリル

 

 

 

■腰の高さまで振り上げ、下半身だけを使って打つ練習

 

 

・テークバック
左足をゆっくりと踏み込むことで右足が伸び
腰が右に回っていく回っていく動きが生まれる。

 

・ダウンスイング
重心を右側に残したまま、右足を踏んで左足を伸ばしていく。

 

・インパクト
左足を浮かせるようにして、右足1本で支えて打つつもりで。

 

・フォロー
左肩が自然に引けるのでヘッドが加速して、よりつかまるようになる。

 

 

陥りやすいのは左右逆の足を踏み込むミス。
これでは上体が早く開いてスライスになってしまいます。

 

ダウンスイングの踏み込みで次の動きにつながる力を蓄え、
さらにスイングの正しいきっかけをつかもう。

 

お問合せ
ページ上部へ